TEL:0568-53-1070

〒487-0013
愛知県春日井市高蔵寺町2丁目127

土曜・日曜・祝日も診療

獣医師の紹介

各種クレジットカードがご利用いただけます。

UFGカード、DCカード、UFJカード、ニコスカード、VISAカード、JCBカード、JCBプレモカード、アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースカード、ディスカバーカード
Mobile Site
HOME»  獣医師の紹介

ご挨拶

言葉を話すことの出来ないこの子達にとって、苦痛や不調を訴えることは難しいものです。
一方、飼い主様にとっても大切な家族の様子がいつもと違えばとても心配されると思います。
当院では、飼い主様の心配や不安が少しでも解消できるよう正確な診断と治療に努めてまいります。
大切な家族のことで少しでも心配なことがありましたら、早めにご相談ください。

【院長】花木 善弘

院長略歴

名城大学附属高等学校(特進・特待生)卒業

1992年
酪農学園大学 獣医学部 卒業
獣医生理学教室
ワラビー動物病院グループ 勤務
1996年
ワラビー動物病院系列(埼玉県 No.1)
はとがや動物病院(前院長)就任
2006年
愛知県内 動物看護専門学校 常任講師就任
2007年
春日井市内 漢方専門動物病院ハルペッツクリニック
立ち上げから副院長として8年間勤務 
2015年2月退職
2015年 3月
どうぶつクリニック花水木 開院
2016年11月
グランヒル大阪 顧問獣医師就任
2018年 3月
慶応義塾大学 経済学部 正科生合格 ( 学士入学:獣医学士として )
2018年 10月
アメリカ永住権取得 申請中

座右の銘

実るほど頭を垂れる稲穂かな

当院の展望につきまして

現状におきまして、ホームページをご覧になられた皆様より手術可能な、火・水・木曜日は予約が全て入っており、手術は、2ヶ月待ちになっております。
2019年1月10日、現在。

土、日の午前の診察後は、難病治療の予約にあてております。

愛知県外、名古屋市からの患者さまからのご予約が殆どを占めております。このように遠方からの患者さまが極端に多くなっておりますので、予約診療を最優先させるために、手術可能日は多くする事は不可能なため、先々を考えますと、手術可能日を減らしていかざるをおえない状況になっております。

お一人お一人の手術を疎かにしたくないため、一日一症例の手術とさせていただいております。

何卒、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

慶応義塾大学 学士入学 ( 獣医学士 )につきまして

一般治療(西洋医学)が最優先だと思います。

一般治療で治らなければ、理想は、一般治療(西洋医学)と東洋医学の統合化だと思います。


選択した治療法が、これで良いものなのか?常に否定的に見ることで、マイナスの視点で返り見る事により、より良い治療法を、そして足らない観点が存在しないか?を一番に考えて良い医療を目指してまいりました。

そこで、治療だけに関わらず、一般社会の成り立ち、社会情勢、獣医学を取り巻くグローバルな環境などを含めて理解する事により、どのようにしたら、更に良い獣医療の知識の幅を、提供の幅を広げれるようになるか?常に考えてまいりました。
更に良い治療の選択肢を広げていき、飼い主様に、より良い医療の情報の提供が出来ますように、選択肢のある治療法をご呈示し、選択していただけますように、本年度より慶應義塾大学・経済学部にて籍を置き、勉強をさせていただくことといたしました。
常に前進、常に進歩、常に改革を心して努力してまいります所存です。

獣医師の言う事、やることが必ずしも正しいとは限りません。勿論、私も含めます。
飼い主様には、聞く権利がごさいますし、わたくし獣医師には、それに対してお答えする義務があると、常々考えておりましたし、いつもその様に、飼い主様にはお話いたしてまいりました。
これからも、何卒よろしくお願い申し上げます。また、叱咤、激励のほど、ご遠慮なくお話下さいませ。こちらも何卒よろしくお願いいたします。

2018年4月4日

趣味

  • 読書(ビジネス書、自己啓発書、英書など)
  • ドライブ(スポーツドライビング:カート)
  • F1 観賞(TV、DVDですが。(笑))
  • ミニチュアカーコレクション
  • アロワナ鑑賞(自宅にて)
  • レッドビーシュリンプの飼育 ( 水槽が落ちつきましたら、院内、(待ち合い室)に置く予定です。 )

もし生まれかわったら

絶対にF1ドライバー
(出身高校の先輩が、元F1ドライバー、中嶋悟です。)

好きな芸能人

  • ( 男性 ) 香川照之  江口洋介 二宮和也(嵐)
  • ( 女性 ) 石原さとみ 竹内結子

好きな歌手

DREAMS COME TRUE  SMAP  槇原敬之

好きな食べ物

蕎麦 天祥庵のぶっかけ蕎麦が最高です!
( 静岡県 忍野八海のすぐ近く。

普段は、チェーン店サガミのざる蕎麦。
サガミによく行きますので、サガミでお会いしましょう!!!(笑)

専門とする疾患など

得意分野

  • 一般治療(犬、猫ワクチン、狂犬病、フィラリアから治療まで)
  • 東洋医学( 漢方治療 )
  • 皮膚病(膿皮症、マラセチア症、アカラス症など)
  • 腫瘍(癌)及びIBD(免疫介在性腸疾患)、難治性胃腸炎、難治性皮膚病
  • 問題行動
  • 眼科学
  • 自然療法薬に反応する難治性内科疾患
  • 麻酔学
    ※麻酔及び軟部手術(実施頭数 : 10,799頭、2019年2月21日現在)
      うち特異体質による死亡例一例あり

東洋医学(漢方)との出会いと麻酔医への道、自然療法とのかかわり


今から25年前の大学6年生の時、一晩中ワープロを見続けなくてはなりませんでした。
その結果、翌日より目が痛く、表面が焼ける様な熱さで目が開けれなくなりました。

眼科病院、市民病院クラスの病院をしらみつぶしにあたりましたが、何が原因なのか?全く分かりませんでした。卒業寸前になり北海道大学病院にて“DryEye”と分かりました。ここに至る迄半年。膠原病の検査もしましたが、陰性。

埼玉に勤務する事が決まっておりましたので紹介状を出してもらい埼玉へ。東京に近く大学病院も数多いので、治る希望をもって大学病院を渡り歩きましたが、全く治りませんでした。

Dry Eye なので点眼をすれば乾き目が治るはずといった当たり前の事が全く効かないばかりか、点眼をする度に目は痛くなるばかりです。

勤務先の動物病院で眼科学を勉強しながら、動物達の角膜びらん、角膜潰瘍の時の治療薬である、自家血清(その仔自身の血液を採血して、遠心分離した血液の上澄み、血清)に微量の抗生物質入れて用いる(それでも、使用期限は3日間)のですが、その微量な抗生物質ですら、僕の目には痛くて使用出来ませんでした。

スタッフに僕の血液を採血してもらって、自分の自家血清のみの点眼を作ってもらい、何度も何度も試しましたが、効果はゼロでした。

勤務先が埼玉で、東京に近いので、数々の眼科で有名な大学病院をしらみ潰しに渡り歩きましたが、全く治りませんでした。

治療方法が全く見つからないまま、たまたま入った書店で目にした「漢方で治す眼科医」と言う本を見て、一路、神奈川へ。その先生は、目を視るだけでなく、体をくまなく触り、自律神経のツボが凝っていると。最初は、飲尿療法(自分のした尿を飲む治療)を薦められましたが、さすがに、自分の尿を飲むのには、抵抗がありました。
この日から、点眼をストップ。

勤務先の動物病院で、自分で調べた、自律神経のツボの凝りを治す漢方をいくつか?リストアップ。体に合っている漢方を選び、当時、流行っていた目薬の木も煎じて服用しながら、2~3年の時を経てゆっくりと治っていきました。
未だに、長時間の手術があると目がいたみますが、これが漢方への一歩となりました。

それまでは、診察中も普段の光ですら眩しいため、サングラスを外せませんでした。その間、手術室の無影灯(ドラマの手術室にあるような丸い大きなライト)には、全く目が耐えられないため、たったの5分の猫の去勢すら私には出来ませんでした。

手術が出来ない以上、何かで病院の役にたたなくてはなりません。

そこで、麻酔学に自ずと興味を抱く事になりました。かなり、可愛そうな実験を数えきれないほどして、麻酔に精通していきました。このようにして、麻酔医への道を歩き始めました。

外科手術が出来るようになる迄に、3年も要しました。しかしながら、幸いにしてこれが麻酔に精通する事になり、自分の最終的な技のひとつとなりました。

しかしながら、大変残念ながら漢方薬も万能では、ありません。従いまして、当院では、漢方薬だけではなく、その他製剤を数多く用意しております。
また、治療の幅を少しでも広げたいために、更なる副作用の極力少ない製剤を探し求めています。
現状にて、幸いにも漢方、その他の製剤での副作用は認められておりません。
(2019年1月24日、現在。)

漢方薬だけでは、効果の全く認められなかった仔達にも、良好な反応が数多く認められております。

一部だけになりますが、治療実績(難病)や、症例集に掲載いたしておりますので、一度お目通し下さいませ。

どうぶつクリニック花水木
院長 花木 善弘(2019年1月24日)

スタッフ紹介

スタッフ

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆様のご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

写真左から
【看護師長】   大野 あゆみ(元ネオポリス)
【副師長】  大舘 夏樹
【受付】   林 としえ

PageTop